専門課程の場合

ここでは公務員専門学校の専門課程で学習する専門学校生についてご説明しましょう。専門過程に進学するにも、メリットとデメリットがあります。

メリット高校から進学して専門学校に入学するイメージが先行しますが、それだけではありません。大学を卒業してから進学する人もいますし、社会人でも入学することが出来るので年齢を気にすることはありません。専門課程ではコースに分かれ、一年~二年制で学習していきます。一般的な専門学校と同様に、担任がつき年ごとにカリキュラムが組まれて一日みっちりと試験対策に関連した勉強をします。学習だけでなく、イベントやクラブを設けている学校もあるので、学校生活も楽しむことが出来るでしょう。

専門課程で学ぶメリットは、試験対策以外にも一般的に社会人になってから必要となるビジネスマナーやパソコンのスキルなども学習できることです。これは公務員試験に受かってからも役立つことです。それから学生なので学割が使えることも嬉しいですね。学割を実施している施設や企業は多いので至るところで役立つのではないでしょうか。そしてもし試験が受からなかった場合もその後の就職サポートを手厚く行ってくれます。デメリットとしては、社会人向けの公務員講座に比べ専門課程のほうが学費が高額になってきます。